D-projectプロジェクト2021

新聞教材活用プロジェクト

プロジェクトリーダー(所属):海道 朋美(金沢市立田上小学校) アドバイザー(所属):佐藤 幸江(元金沢星稜大学)/細川 都司恵(金沢星稜大学)/村田 直江(D-pro事務局)/甲斐 崇(西原町教育委員会)/三上 久代(元札幌市立中学校教諭) /中山 伸行, 永野 洋, 河野 厚志, 石井 竹彦 (RISO(株))
メンバー(所属):有光 鉄男(横浜市立美しが丘小)/今村 俊輔(横浜市立茅ヶ崎台小学校)/薄井 直之(古河市立諸川小学校)/浦部 文也(横浜市立荏子田小学校)/金子 直也(船橋市立市場小学校)/菊池 寛(浜松市立雄踏小)/佐原 友郎(七尾市立中島小学校)/関 太志(横浜市立つつじヶ丘小学校)/田口 優(金沢市立杜の里小学校)/津下 哲也(備前市立香登小学校)/萩原 智美(大井町立大井小学校)/宮城 英誉(名護市立大宮小学校)/湯口 拓也(七尾市立山王小学校)/桜井 元太(金沢市立十一屋小学校)/掘金 美里(琴平町立琴平小学校)

プロジェクト概要

新聞記事を学びの素材とし、短時間での継続的な学習や各教科及び総合的な学習の時間などでの学びに活かすことで、児童・生徒の「読解力・要約力・批判力」を身につけ「発信する力」を高めることをねらいとしている。

プロジェクトのゴール

<活動のゴール>
短時間での継続的な学習や各教科及び総合的な学習の時間などで、本教材をどのように活用できそうか、授業設計を考え、実践・評価する。

<学びのゴール>
この学習活動を通じて、児童・生徒の「読解力・要約力・批判力」を身につけ「発信する力」を高めることをねらいとする。

メディア創造力にどう迫るか

学習のプロセスにおいては、特に個の学ぶ力の育成をめざしており、達成目標「B 制作物の内容と形式を読み解く力」「C表現の内容と手段を吟味する力」の向上に迫る。

メンバーの募集について

本年度は、固定メンバーで実施。

プロジェクトの広報や交流手段

理想科学工業:https://www.riso.co.jp/showcase/kodomo_shinbun/で紹介中

スケジュール

5月 新年度キックオフ会(オンライン)
8月 2学期の実践構想会
9〜12月 2学期実践
1月 実践報告会
3月 D-project春の公開研究会
  A
課題を設定し
解決しようとする力
B
制作物の内容と
形式を読み解く力
C
表現の内容と
手段を吟味する力
D
相互作用を
生かす力
寺子屋リーフレット制作  
プログラミング教育(本年度休止)    
スクールワーク活用授業デザイン      
特別支援アラカルト      
NHK for School    
国際協働学習の設計と評価  
新聞教材活用      
フォトポエム    
Everyone Can Create    
クレイアニメプロジェクト  
小学校英語メディア創造力    
デジタルリーフレット    
子どもの広場